やまゆき

タグ:テント




今夏も36Lサイズでテン泊予定
昨夏と同様

DSCF6682

今一番、ワクワクする時間が
あれこれパッキングを考えること

嗜好は日々変化していくなぁ

西穂か燕が良いけど
どこも混雑だろうなぁ

オスのストラトス36L 2018モデル
ULなテント泊としてミニマムな容量をセレクト
持参してくモノも厳選??のはず

IMG_6930_R

稜線下で場所的にも不利なテン場
水を歩荷しないと、有料でお買い上げとなるのもツライ


何だかんだ詰め込んだけど要らないモノも一杯

【要らなかった?】
・エアーマット
 Evernewのが肩~お尻までのなのでエアータイプ投入
 時間経過で微妙に抜けてる?
 要らないかな

・小型100均三脚
 これも要らないな
 自撮りは24mmならOKだし
 星空は真上撮影だから使えない

・MPプレーイヤー
 FMがクリアに入ったけど山では聴かないなぁ
 携帯電話も使える稜線...にはビックリ

・食事類
 思った以上に食べない
 持ちあがり過ぎ
 調理も簡単な方が良い

【有って良かった】
・ウエットテイッシュ
 手の汚れから食器の拭き等に使える

・ランタン(暖色系)
 LED白色がクリアだろうけど落ち着く

・100均サンダル
 軽くて雑に使える テントの出入りで便利

・アルミエマージェンシーシート
 使う予定は無かったけど予想外の気温低下時に役立つ
 思った以上に暖か シュラフが結露するくらい

・ポータブル電源


IMG_20180818_104522


1泊2500m稜線下で考えると、ホントミニマムな装備だったと
ひとえに天候に恵まれたから快適だったといえます

雨や風があったとすると、微妙な装備
36Lでの細かい装備類は次の機会に

【次回持参】
・ワイン
・缶詰つまみ
・座布団

山はやっぱりいいぞ!

IMG_7235_R


IMG_7212_R




IMG_7211_R




IMG_7222_R



IMG_7199_R

ええタイミングでの山行き
急な冷え込みでどうなることかと心配でしたが
ふたを開ければ最高な山行きDay



限界との挑戦??
夏の低山1泊テン泊なら36Lでも行けるのではと...
元々荷物は少な目
食料も贅沢しなければかなりコンパクトに

ミニマニストで行こうでは!


IMG_20180717_214158

早速寝袋とテントとレインウエアを入れて見る
バーナー類も入るけど
もうチョイ削減しないと無理かも
マットは下に括りつけるパターンで

涸沢ならこれで行けるんじゃ?
まずは充実山小屋横でいつでもエスケープできる場所探しだな

荷物を出しては入れる妄想時間は
楽しいものです

↑このページのトップヘ