やまゆき

タグ:涸沢

正解は、過ぎ去ってから判る
今年の涸沢は9/27-28の木~金が正解だった
個人的仕事調整や天候からの見方だけど...


IMG_20180924_074022


クリップボード

金曜はずっとええ天候で
木金パターンか金土パターンや

台風接近で、猫の目予報
金曜は正解

無理して行っても
土曜の朝が雨模様だった

一週ずらして行くことも出来るんで
様子見ながら
台風一過と、またまた雨模様

今秋2018は諦めるしか無さそう


秋山仕様
涸沢週末外したテン泊仕様
天候晴れVer


36L ULテン泊
夏はOKですが
秋山2000m越えは防寒対策上
パッキングする量が嵩んでいきます

インシュレーションJKTは
パタ ナノパフフーデイー
ノース RedpointJKT

どちらもプリマながら
畳むとそこそこな大きさ


IMG_20180922_090904
エアーマット代わりにEVAロングにして
JKTを入れ込めばOKっぽい

つま先はホカロン必須で
シュラフカバーは
ビバーク用のアルミシートが
薄手のレジャーマットで


IMG_20180922_092451

快適性や暖かさを求めるなら50-60Lなのでしょうが
軽さは正義!
何とかこれで乗り切れればと願うけど
自然はそんなに甘くな~い


レインウエア上下をポンチョ仕様にして
暖を得るウエアと言う手も有るが
山の天気はなぁ...
涸沢だと横尾からは多分ポンチョでも十分??

リミットあるんでセレクトが悩ましい



秋雨前線と台風影響なのか
猫の目天気予報
IMG_20180924_074022

天候も大切だけど気温も気になるとこです
ほぼ氷点下近い...

ULスタイルで行けるとしても
限界な感はします

雨なんて降られたら即低体温症に

クリップボード

都合良いのを信じてしまう...弱い心






NANGA(ナンガ) ダウンバッグ250STD/DGN/レギュラー DB8


NANGA(ナンガ) ダウンバッグ250STD/DGN/レギュラー DB8
ダウンバッグ250STD/レギュラー



レギュラーサイズ/最大長210cm×最大肩幅80cm(身長178cmまで)
生地:40dnナイロン内部構造/シングルキルト構造
快適使用温度/使用可能限界温度
4℃/‐1℃
重量:690g
収納サイズ:φ14×24cm
フィルパワー:650FP

ダウン量:250g
生産国:日本

10208288_2



涸沢に向けて装備点検...
50Lバックパックも考えたけど、UL魂の魅せどころ
何とか36Lで押さえてみたい

あの雨の王滝ですら低体温症に為らなかった脂肪層に絶賛こう期待!!

朝方の冷え込み対策をどうするか?

4℃程度が快適となってるけど
実際はもっと寒いだろう

指先ホカロンで対処しながら上着はさすがにダウン系が欲しいけど
プリマロフトのパタしかない
ただ日中は着ることが無いから、パッキングするしかないけど
ULで入る訳無い...
衣類の為の50lなんて快適性を求めてるだけで
正直現実的でない
雨天なら行かないから外付けもありか?

前回唐松の時、結構不用品も有ったので
暖かさ優先でのセレクトをしてみようと....

でも涸沢紅葉は待ったなしでそこまで来てるし
考える時間は僅かだ

10/5-6なら時間あるけど
連休前で混みそうだし
情報によると、今月末位がBESTという声も

そうなると9/28-29となる

仕事調整と天候見計らいながら
スクランブル準備になるだろうなあ



↑このページのトップヘ